美容外科の役割

美容外科は整形外科、形成外科と同様に医療行為を行いますが、疾患を治すのではなく、患者が望む理想的美しさを追求するための標榜科です。

そのため、美容外科は他の健康上の問題を解決するための外科とは一線を画するものとして長らく扱われてきました。
医療行為として認められるまでに時間がかかったのです。

現在では、医療の発展とともに、クオリティーオブライフ(生活の質)の向上が重要視されてきています。
容姿が患者自身の社会的機能に影響を与えるであろうとする美容外科の考えは徐々に世間にも受け入れられてきているのです。

実際、生まれついた容姿が原因で、いじめを受けたり、社会的に不当な扱いを受けたりする例は多々あります。
そのことが原因で、自殺に追い込まれたりする悲しい事例もあります。

しかし、美容外科の手を借りることによって、そのような地獄の日々から抜け出すことが可能になるのです。

容姿が原因で、つらい思いをしてきた人が美容外科医らのアドバイスのもと、実際に施術を受け、新しい容姿を手に入れると、それと同時に気持ちも生まれ変わり、それまでとはうって変わった、明るく前向きな性格になるケースが多くあります。
容姿が変わることによって、周囲の対応が変わるだけでなく、本人の気持ちも大きく良い方向へと変化するのです。

これこそが、美容外科の目的とするところです。
外科手術で容姿を変えることよりも、それによって、患者のクオリティーオブライフを向上させることが美容外科の目指すところといえます。

一方、美容整形手術を何度繰り返しても満足できず、やめることができなくなる人もいるようです。
はたから見ると、不必要に思える手術を繰り返してしまうのです。
このような患者は、容姿とは別の部分で深刻な問題を抱えているようです。